オンラインカジノで副業を目指すには?

オンラインカジノで勝てるようになってくると目指すは副業として稼ぎたい。
ギャンブルではなく、いわば仕事として関わるようになります。
では、オンラインカジノを副業にするのに向いている人や成功できる人の特徴はあるのでしょうか。

オンラインカジノで副業を目指すには?

オンラインカジノの環境の良さ

オンラインカジノの最大の特徴は、環境の良さにあります。
他のギャンブルと違って、24時間365日プレイすることができ、インターネット環境があれば場所も問いません。
スマホ1台あれば、家の中だけではくマクドナルドでもどこでもプレイできます。
また、さまざまな入出金方法に対応しています。
環境の良さ、便利さから副業できる条件が揃っていると言えます。

オンラインカジノのデメリットは?

オンラインカジノを副業にするデメリットとしては、負けることによる損失です。
あくまでもギャンブルなので、損失を出すリスクは当然ながら大きくなります。
運営側が儲かる仕組みになっていますので、負ける場合でもいかに損失を最小限に抑えるかどうかが重要です。
プロと違って時間的な余裕が少ないのでプレイする回数は必然的に少なくなるでしょう。
つまり勝ち負けのバラツキが生じることになるので、損失が出る可能性も高くなります。
早く結果を出したいので、賭ける金額が大きくなりがち。
焦ることにより損失額が増えてしまうことがオンラインカジノのデメリットになります。

オンラインカジノで利益を出すには?

副業は仕事です。
仕事は短期間で身につくものではなく、時間がかかるもの。
たとえ一発当てたとしても続かなければ副業にはなりません。

中期目線で戦略的に取り組むことによって、結果を分析することができ、次のプレイに繋がります。
戦略としては、負けが続いたとしても一度当てることによって利益が出るゲームを選ぶこと。
そして、確率がより高い方法をコツコツと実践することになります。

オンラインカジノで副業は可能

上述により、考えられるリスクを理解したうえでオンラインカジノに取り組めば副業は可能と言えます。
一発屋ではなく、負けたとしても戦略を持って失敗を次の成功に活かせる人。
短期的な視点を脱却し、中期的に勝つことを考えることが大事になってきます。

どういう人がオンラインカジノに向いているか?

熱くなりすぎない人

戦略を練ったとしても負けることや損失が出ることは避けられません。
一つの方法に固辞しすぎたり、損失が出ていても諦めきれない人は向いてません。
熱くなりすぎず、冷静にプレイできる人がオンラインカジノに向いています。
ギャンブルですが、ギャンブルではないという意識で戦略を立てるようにしたいですね。

マイルールを守れる人

ギャンブルは損失がかさんでくると一発逆転できる方法を考えてしまいます。
戦略を立てるには、自分で決めたマイルールを守ること。
つまり、やめる決断がしっかりとできないと副業として成功するには難しいと言えるでしょう。

リスク管理ができる人

仕事でも同じことですが、適切にリスク管理ができる人がオンラインカジノに向いています。
最悪の事態を考え、どのように対処すれば損失を最小限に抑えることができるのか。
自分が賭けることができる金額を把握し、負けたとしてもそれ以上、つぎ込んではいけません。
目標設定を定め、背伸びをしない。
常に冷静にリスク管理していくことが、仕事=副業になります。

目標設定をする

目標設定は人それぞれ異なります。
プレイするゲームもたくさんありますし、投資できる金額は当然、千差万別。
さらに費やすことができる時間もまちまちです。
大きな利益を求めると、それだけ損失が大きくなるリスクも潜んでいます。

戦略としては、マーチンゲール法という定番の手法があります。

賭け方はとても簡単です。
最初に賭け金を設定してベットします。
もし負けたら、次のゲームでは、倍の金額をベット。
また負けたら、前の金額の倍をベット。
勝った時は最初に決めた金額に戻します。

このようにしていくと、例え連敗したとしても、一度勝つことができれば、負け分を取り戻すことができます。
しかし、欠点は負け続けて資金がなくなってしまうこと。
掛け金が次第に大きくなっていくので、資金が潤沢にないと大きな損失を抱えることになります。

マーチンゲール法の一例を挙げましたが、資金量、賭ける金額を身の丈に応じることや、目標利益が達成できたらプレイをやめる決断が大事になってきます。
要はやめ時ですね。