オンラインカジノの税金は?確定申告は?

オンラインカジノで稼いだ賞金に税金はかかるのか?

確定申告をしなければいけないのか?
競馬やパチンコだと何もしていないけど、本当に何もしなくてよいのでしょうか?
しないとどうなるのか?
当記事ではオンラインカジノの税金、確定申告ついて解説をします。

オンラインカジノの税金について

オンラインカジノの賞金に税金はかかるか

オンラインカジノで獲得した賞金は一時所得とみなされます。
一時所得は税金の対象になるため、税金がかかります。

一時所得は国税庁のホームページによると、
営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得で、労務や役務の対価としての性質や資産の譲渡による対価としての性質を有しない一時の所得をいいます。
と記載されています。

懸賞や福引きの賞金品(業務に関して受けるものを除く)、競馬や競輪の払戻金も一時所得になることが書かれています。
このことからオンラインカジノも同様な扱いとみなされます。

一時所得の税金について

オンラインカジノで獲得した賞金は一時所得とみなされるので、税金を支払う義務があります。
サラリーマンが会社から給料をもらっている場合は、会社が支払いを代わりに行ってくれます。
天引きなんて言いますよね。
そのため、本人は税金を支払っているという意識がないかもしれません。

しかし、ギャンブルで得た賞金の場合は自分で確定申告をして税金を支払う必要があります。
一時所得を申告し、必要な書類を提出します。
税務署へ直接行っても良いですし、最近はeTaxのように自宅のパソコンで確定申告できるようになっています。

競馬や競輪の一時所得

競馬・競輪
競輪や競馬で得た賞金(払戻金)も一時所得扱いになるので確定税金を納める必要があります。
しかしながら、実際に税金を納めている人はほとんどいないのではないでしょうか。
というのも、パチンコ、スロットもそうですが、競馬や競輪で得た賞金は記録に残りにくいからです。
利用する人の数も多く税務署が所得を把握することは極めて困難です。
スマホやパソコンで馬券を買ったりすると払戻金の記録が残ります。
税金の対象になることが知らなかった、とはならないように気をつけたいですね。

宝くじ

宝くじもギャンブルの一つです。
一時所得の対象となると思っていましたが、宝くじの当選金は所得税の対象外です。
例外的に法律で定められているとのこと。
宝くじの還元率は良くないのですが、万が一当選すると大金を手に入れることになります。
そして、一時所得の対象外なので税金を納める必要がありません。

オンラインカジノの一時所得

オンラインカジノの賞金にかかる税金
オンラインカジノはネット上でやり取りをするため、記録・履歴は明確に残ります。
黙っていても大丈夫では済まされないので、賞金を獲得したら税金のことも考えておきましょう。

税金は所得金額によって変わります。
給与などの金額と一時所得の金額を合計して税金が決まります。
所得金額は1月1日〜12月31日の1年間が対象となります。

記録は必ず保管するよう習慣を持つことが大事です。

一時所得の計算について

一時所得は次のように計算されます。
 ・総収入金額-収入を得るために支出した金額-特別控除額(最高50万円)」

上記から分かるように特別控除額は50万円です。
つまり1年間の利益が50万円以下であれば税金は支払わなくて済むということになります。
課税対象は算出された金額の50%となります。

オンラインカジノの税金を払わなかったら?

税金を払わなかったことがバレた場合

納税は国民の義務です。
当たり前のことなのですが、自分は大した利益がないのでバレないだろう・・・
ついつい思ってしまいます。

税金を払わない=脱税

脱税は犯罪行為なので罰則を受けることになります。
有罪になってしまうと罰金か懲役を課せられます。
最悪の場合は両方ということもあります。

バレたら結果的に多くの代償を支払うことになるので、誠実が一番。
マイナンバーカードや銀行、クレジットカードなど個人の入出金の紐付けか簡単にできてしまいますので。
確実にバレるでしょう。

オンラインカジノで得た利益はしっかりと税金を納めましょう。